RESEARCH FUND

  • 科研費
  • エネルギー
  • 自然科学一般
  • 環境
  • ナノテク・材料
  • ものづくり技術
  • 情報通信
  • 社会基盤
  • ライフサイエンス
  • フロンティア
  • 若手
  • 人文・社会
  • 競争的資金
    公募締切
    202110-25
    UPDATE
    2021-09-02
    支援規模
    フェーズによる

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

    官民による若手研究者発掘支援事業

    • エネルギー
    • 自然科学一般
    • 環境
    • ナノテク・材料
    • ものづくり技術
    • 情報通信
    • 社会基盤
    • ライフサイエンス
    • フロンティア
    • 若手
    • 人文・社会

    概要

    実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を行う大学等に所属する若手研究者を発掘し、若手研究者と企業との共同研究等の形成を促進する等の支援をすることにより、次世代のイノベーションを担う人材を育成するとともに、我が国における新産業の創出に貢献することを目的とした事業です。

    〔1〕 共同研究フェーズ

    大学等に所属する若手研究者が企業と共同研究等の実施に係る合意書を締結し、企業から大学等に対して共同研究等費用が支払われることを条件として、実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を実施するものについて助成。

    〔2〕 マッチングサポートフェーズ

    大学等に所属し、企業との共同研究等の実施を希望する若手研究者が実施する、産業界が期待する目的指向型の創造的な基礎又は応用研究を実施するものについて助成。

    また、企業との共同研究等の機会を創出するためのマッチング支援を実施することで、共同研究フェーズにおける企業との共同研究等の実施を目指す。

    対象者

    日本国内に所在する大学等の若手研究者(※)

    ※ 若手研究者:主任研究者(大学等に在籍する研究者で、助成事業の開始年度の4月1日時点において、博士号の学位の取得者であり、かつ45歳未満)及び登録研究員(大学等に在籍する研究者又は学生で、助成事業の開始年度の4月1日時点において、博士号の学位を取得又は研究開発能力を有していることを所属部署等の長から認められた者であり、かつ45歳未満)

    事業期間

    〔1〕 共同研究フェーズ

    1テーマあたり最大5年。

    〔2〕 マッチングサポートフェーズ

    1テーマあたり最大2年(マッチングサポートフェーズ、共同研究フェーズを合わせて最大5年)。

    対象事業

    〔1〕 共同研究フェーズ

    産業技術分野及びエネルギー・環境分野の実用化に向けた目的指向型の創造的な基礎又は応用研究で、企業と新産業の創出に貢献することを目指した共同研究等を行うもの。

    但し、「医薬・創薬分野、医療機器分野」での実用化に事業目的を限定した研究開発提案は対象外。

    〔2〕 マッチングサポートフェーズ

    産業技術分野及びエネルギー・環境分野の目的指向型の創造的な基礎又は応用研究で、産業界が期待する研究開発であり、研究開発の成果が産業に応用されることを目的とし、今後企業との共同研究等を目指すもの。

    但し、「医薬・創薬分野、医療機器分野」への応用のみを想定した研究開発提案は対象外。

    助成金の額

    〔1〕共同研究フェーズ

    1テーマあたり30百万円以内/年とし、共同研究等を実施する企業から支払われる共同研究等費用と同額以下。

    〔2〕マッチングサポートフェーズ

    1テーマあたり10百万円以内/年。

    ※NEDOへの書類提出と「府省共通研究開発管理システム(e-Rad)」による申請が必要です。

  • 競争的資金
    学内締切
    202110-08
    公募締切
    2021-10-18
    UPDATE
    2021-08-20
    支援規模
    種目による

    文部科学省

    科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A・B)、新学術領域研究

    • 科研費
    • エネルギー
    • 自然科学一般
    • 環境
    • ナノテク・材料
    • ものづくり技術
    • 情報通信
    • 社会基盤
    • ライフサイエンス
    • フロンティア
    • 人文・社会

    令和4年度科研費は公募時期が前倒しになっており、研究種目ごとに締切が異なりますのでご注意ください。

    申請スケジュールや手続きについては、研究推進課のページをご確認ください。学内説明会資料(学内限定)もご覧ください。

    研究種目研究種目の目的・内容
    学術変革領域研究(A) 多様な研究者の共創と融合により提案された研究領域において、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを先導するとともに、我が国の学術水準の向上・強化や若手研究者の育成につながる研究領域の創成を目指し、 共同研究や設備の共用化等の取組を通じて提案研究領域を発展させる研究
    (5年間 1研究領域単年度当たり 5,000万円以上3億円まで(真に必要な場合は3億円を超える応募も可能))
    学術変革領域研究(B) 次代の学術の担い手となる研究者による少数・小規模の研究グループ(3~4グループ程度)が提案する研究領域において、より挑戦的かつ萌芽的な研究に取り組むことで、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを先導するとともに、 我が国の学術水準の向上・強化につながる研究領域の創成を目指し、将来の学術変革領域研究(A)への展開などが期待される研究
    (3年間 1研究領域単年度当たり 5,000万円以下)
    新学術領域研究多様な研究者グループにより提案された、我が国の学術水準の向上・強化につながる新たな研究領域について、共同研究や研究人材の育成、 設備の共用化等の取組を通じて発展させる(5年間 1領域単年度当たり 1,000万円~3億円程度を原則とする)
    【令和2(2020)年度公募以降、継続研究領域の公募研究のみ公募】

    第1次提出期限(学内事前チェックを希望する場合):2021年9月10日(金)17:00までに研究推進課にご提出ください。

    第2次提出期限(学内最終提出):2021年10月8日(金)17:00までに研究推進課にご提出ください。

  • 競争的資金
    学内締切
    202109-24
    公募締切
    2021-10-06
    UPDATE
    2021-08-20
    支援規模
    種目による

    日本学術振興会(JSPS)

    科学研究費助成事業 基盤研究(B・C)、挑戦的研究(開拓・萌芽)、若手研究

    • 科研費
    • エネルギー
    • 自然科学一般
    • 環境
    • ナノテク・材料
    • ものづくり技術
    • 情報通信
    • 社会基盤
    • ライフサイエンス
    • フロンティア
    • 若手
    • 人文・社会

    令和4年度科研費は公募時期が前倒しになっており、研究種目ごとに締切が異なりますのでご注意ください。

    申請スケジュールや手続きについては、研究推進課のページをご確認ください。学内説明会資料(学内限定)もご覧ください。

    研究種目研究種目の目的・内容
    基盤研究(B・C) 一人又は複数の研究者が共同して行う独創的・先駆的な研究
      (B)3~5年間  500万円以上 2,000万円以下
      (C)3~5年間  500万円以下
    挑戦的研究(開拓・萌芽)一人又は複数の研究者で組織する研究計画であって、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを志向し、飛躍的に発展する潜在性を有する研究
    なお、(萌芽)については、探索的性質の強い、あるいは芽生え期の研究も対象とする
      (開拓)3~6年間  500万円以上 2,000万円以下
      (萌芽)2~3年間  500万円以下
    若手研究博士の学位取得後8年未満の研究者が一人で行う研究
         2~5年間  500万円以下

    第1次提出期限(学内事前チェックを希望する場合):2021年8月27日(金)17:00までに研究推進課にご提出ください。

    第2次提出期限(学内最終提出):2021年9月24日(金)17:00までに研究推進課にご提出ください。

  • 競争的資金
    学内締切
    202108-27
    公募締切
    2021-09-06
    UPDATE
    2021-07-28
    支援規模
    種目による

    日本学術振興会(JSPS)

    科学研究費助成事業 特別推進研究、基盤研究(S・A)

    • 科研費
    • エネルギー
    • 自然科学一般
    • 環境
    • ナノテク・材料
    • ものづくり技術
    • 情報通信
    • 社会基盤
    • ライフサイエンス
    • フロンティア
    • 人文・社会

    学内限定情報です。詳細は、大学内からアクセスしてご覧ください。

  • 財団助成
    学内締切
    202109-24
    公募締切
    2021-10-08
    UPDATE
    2021-08-06
    支援規模
    上限1,000,000

    ブレインサイエンス振興財団

    研究助成

    • 自然科学一般
    • ライフサイエンス

    脳科学の広い分野における研究、特に脳のメカニズムを解明する独創的な研究計画の助成に重点をおく。
    研究分野は実験研究のみならず、理論、モデリング研究も含む。

       80~100万円/件  15件以下

  • 財団助成
    公募締切
    202110-15
    UPDATE
    2021-09-22
    支援規模
    上限3,000,000

    中山隼雄科学技術文化財団

    研究助成

    • ものづくり技術
    • 情報通信

    研究課題

    【 助成研究 A】=ゲームの分野の研究に対する助成
     ①重点研究
     「誰一人取り残さないためのゲーム」
     ②基礎的・基盤的研究=
     「ゲームの本質に関する研究」、「ゲームと人間に関する研究」
     「ゲームと社会に関する研究」及び「ゲームと技術に関する研究」

    【助成研究B】=「人間と遊び」に関する研究に対する助成

    応募資格

    国内の大学院、大学、短大、高専、専門学校及び非営利の研究機関等に所属する研究者又はこれらの機関等に所属する研究者を代表者とする共同研究グループ
     ※研究者には大学院後期博士課程在籍者を含む。但し、指導教員の推薦が必要。

    研究助成額

    【助成研究A】:総額1,500万円(300万円/件)以内
    【助成研究B】:総額465万円(100万円/件)以内

    研究期間

    2022年3月1日~2023年2月28日の1年間

  • 財団助成
    公募締切
    202110-15
    UPDATE
    2021-09-22
    支援規模
    上限1,000,000

    中山隼雄科学技術文化財団

    調査研究

    • ものづくり技術
    • 情報通信

    研究課題

    文部科学省推進科学技術週間参加イベントとして当財団が開催している「社会を変える『夢のゲーム』研究アイディア大募集」において過去3年間(第6回2019年度-第8回2021年度)の入賞作からひとつを選び、プロトタイプを制作すること。

    応募資格

    国内の大学院、大学、短大、高専、専門学校及び非営利の研究機関等に所属する研究者又はこれらの機関等に所属する研究者を代表者とする共同研究グループ
     ※大学院後期博士課程在籍者は、指導教員の推薦が必要。

    研究費

    100万円(固定)

    研究期間

    2022年4月1日~2023年3月末日

  • 財団助成
    公募締切
    202109-15
    UPDATE
    2021-08-06
    支援規模
    上限1,500,000

    科学技術融合振興財団

    調査研究助成事業・補助金事業

    • ものづくり技術
    • 情報通信
    • 若手

    <調査研究助成事業>

    課題A
     シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
    課題B
     ①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション& ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
     ②社会に役立つシリアスゲームの調査研究

    (応募者の資格) 
     大学、その他教育機関、研究所等の非営利の研究機関に所属する研究者

        30~150万円上限/件 15~20件
        総額1,700万円

    <補助金事業>

    課題C
     シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究

    (補助金事業の対象)
     大学、その他教育機関、研究所等の非営利の研究機関に所属する研究者
     特に本事業は
      ①先進的独創的な手法の研究
      ②若手研究者(大学院生・助手等) を支援の対象とする

        15~30万円上限/件 15~20件
        総額300万円

  • 財団助成
    公募締切
    202110-15
    UPDATE
    2021-09-22
    支援規模
    上限1,000,000

    (公財)日本科学協会

    笹川科学研究助成

    • エネルギー
    • 自然科学一般
    • 環境
    • ナノテク・材料
    • ものづくり技術
    • 情報通信
    • 社会基盤
    • ライフサイエンス
    • フロンティア
    • 若手
    • 人文・社会

    【学術研究部門】

    助成対象となる研究

    人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究を対象とします。
    その中でも『海に関係する研究』は、重点テーマとして支援します。広く対象とする。

    対象者

    2022年4月1日時点で、大学院生あるいは所属機関等で非常勤または任期付き雇用研究者として研究活動に従事する方であって、日本に居住する35歳以下の方とします。
    但し『海に関係する研究』は重点テーマであるため、雇用形態は問わない。

    研究期間

    2022年4月1日~2023年2月10日まで

    助成額

    100万円を限度/件

  • 財団助成
    公募締切
    202110-08
    UPDATE
    2021-09-22
    支援規模
    上限1,000,000

    株式会社テクノバ

    テクノバ賞(研究助成)

    • ものづくり技術

    (助成研究テーマ)
    ハブリッド及び電気自動車向け駆動用モーターの「高効率化、低損失化技術」

    (公募技術課題)
    「広い速度・トルク領域で高効率な革新的モーター技術」

    ※上記公募課題に対して、合計で最大3件の助成を予定

    (助成対象期間)
    2022年4月1日~2023年3月31日