国立大学法人電気通信大学

サイト内の現在位置

URAメールマガジンバックナンバー 一覧

Vol. 2 「梁山泊からU☆RA話」の由来は?

┃ 梁山泊からU☆RA話
┣━┻━┻━┻━┻━┻━☆
┃Vol. 2 「梁山泊からU☆RA話」の由来は?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年3月28日発行
        
電気通信大学研究企画室のURAがお届けするメールマガジンです。
イベントや外部資金情報、URAの活動報告などをご紹介します。

   ╋━━━━━━━━━━╋      
╋━━╋ CONTENTS ╋━━━━━━
   ╋━━━━━━━━━━╋
┏━┓
┃1┃トピックス
┗━╋…───────────
# メルマガの名称「梁山泊からU☆RA」の由来は?
┏━┓
┃2┃URA関連イベント情報
┗━╋…───────────
# 4月 1日 特別講演会「Scientific publishing from the inside out」
# 5月 21日 UEC駅伝
┏━┓
┃3┃外部資金情報
┗━╋…───────────
# 4月中旬~ JST CREST・さきがけ平成28年度研究提案募集(第1期)の予告
# 4月上旬~ JST CREST・さきがけ募集説明会(平成28年度第1期)
# 5月 30日 JST 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕
# 4月 15日 NEDO 平成28年度 エネルギー・環境新技術先導プログラム
# 4月 6日  AMED 平成28年度 医療分野研究成果展開事業
# 3月 31日 NICT 平成28年度新規委託研究 公募〆
┏━┓
┃4┃今月のU☆RAトーク
┗━╋…───────────
# URAプロフィール紹介
 関口
 亀上
┏━┓
┃5┃編集後記・次号のお知らせ
┗━╋…───────────
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

【1】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ト┃ピ┃ッ┃ク┃ス┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛
○メルマガの名称「梁山泊からU☆RA話」の由来は?

梁山泊とは「中国、山東省西部の梁山の麓にあった黄河の氾濫源。
北宋末、宋江を首領とする108人の豪傑が集まったところと脚色(水滸伝)されて以来、
慷慨の士や豪傑の集まりたむろするところの意」(広辞苑)とあります。

実在した首領の栄江(そうこう)は義を重んじ困窮するものには
援助を惜しみなく与えた民草の英雄のように物語には描かれています。

学問の府、調布にはこの中国三大奇書の一つ「水滸伝」に登場する「梁山泊」に似せた場所があり、
私たちURAはこの場所(東7号館315号室)を電通大梁山泊と称しここに生息しています。

URAのメルマガ名称「梁山泊」はこの中国の来歴に依拠しています。
援助を求める大学の研究者のためには、
時間を惜しまず粉骨砕身して働くことを信条にした野趣溢れる「佳人と義士」の集団がURAなのです。

「URA」は発音だけでは「裏」と混同しやすく、
アルファベットは「University Research Administrator」で直訳すると「大学研究管理者」となります。
日本では大学の事務職でも研究職でもない新しい職種として認知されつつあり、関係者から大きな期待も寄せられています。

学窓を後にして数十年が過ぎたもの、未だ、大学という学問の府に憧れ続けているもの、
一流企業の悪弊に嫌気がさして飛び出して来たもの、
電通大URAのバック・グラウンドは大学、民間企業など多種多様です。

二年前、私たちは薄紅色の桜舞い散る調布の森に集い、アカデミアの心地よい息吹に酔いしれる間もなく、
「研究大学強化促進事業」に参画していきました。
「『裏』家業はどうか?」と、もと某新聞社の社長に揶揄されながら前人未踏のURA家業に精を出しています。

ご存じの通り1918年創立の電気通信大学は二年後に100周年を迎えます。
教職員約500名、学生数約5000名を擁するこの学問の府には、AI、脳科学、レーザー、
ロボテッィクスを始めとする先端科学の粹を集めた俊才が集う大学です。

電通大出身者としては「強力伝」、「風雪の北鎌尾根」などの作品を世に送り出した作家新田次郎氏がつとに有名です。
孤高の登山家のように、朴訥で誠実、好きなことにはとことんこだわり黙々と仕事をやり遂げるのが
電通大卒業生の典型的なイメージです。

この歴史と由緒のある大学の学風に早く馴染もうと、URAは日々学内外を飛び回っていますが、
どこかで私どもを見かけましたらどうぞ気軽にお声を掛けて下さい。

(越前谷義博/電気通信大学研究推進機構研究推進センター研究企画室URA(特任教授))
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   イ┃ベ┃ン┃ト┃情┃報┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛

○特別講演会「Scientific publishing from the inside out」
2016年4月1日(金)13:30~14:30
電気通信大学東3号館301号室(マルチメディアホール)
-Science誌のシニアエディター Laura Zahn氏による特別講演会です。
 レビューのポイント、掲載可否の基準など、実践的なノウハウを紹介します。
http://www.uec.ac.jp/news/event/2015/20160317-1.html

○UEC駅伝2016
2016年5月21日(土)9:00受付開始 
電通大教職員と調布市の企業、市民のランニング愛好家を中心とした駅伝大会です。
脚に自信のある方、日ごろ運動不足の方、まずはお気軽にお問い合わせください。
研究室やサークル活動のレクリエーションとしても!
https://www.facebook.com/uecekiden/ 
(順次更新)
https://www.youtube.com/watch?v=Iw5Xlh_Mtjg  
(UEC-TVニュース動画サイト 注意:音が出ます!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   外┃部┃資┃金┃情┃報┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛
○JST CREST・さきがけ平成28年度研究提案募集(第1期)の予告【4月中旬公募開始予定】
新規研究領域に関する戦略目標
・生命科学分野における光操作技術の開発とそれを用いた生命機能メカニズムの解明
・材料研究を始めとする最先端研究における計測技術と高度情報処理の融合
・量子状態の高度制御による新たな物性・情報科学フロンティアの開拓
*既存領域の公募も予定されています。

http://senryaku.jst.go.jp/teian.html

*JST CREST・さきがけ第2期の募集について
平成28年度より開始される「AIPプロジェクト(人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト)」
に関して、別途決定される戦略目標に対応した新規研究領域と、
CREST「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築」研究領域、
さきがけ「社会と調和した情報基盤技術の構築」研究領域では、
第2期として後日研究課題の公募・選定等を行う予定。

○JST CREST・さきがけ募集説明会(平成28年度第1期)
以下は全て<関東会場>での開催日程です。
・4/14【さきがけ】理論・実験・計算科学とデータ科学が連携・融合した
         先進的マテリアルズインフォマティクスのための基盤技術の構築
・4/18【CREST】新たな光機能や光物性の発現・利活用を基軸とする次世代フォトニクスの基盤技術
   【さきがけ】光の極限制御・積極利用と新分野開拓
・4/21【CREST】環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出
   【さきがけ】フィールドにおける植物の生命現象の制御に向けた次世代基盤技術の創出
   【さきがけ】情報科学との協働による革新的な農産物栽培手法を実現するための技術基盤の創出
・4/25【CREST・さきがけ複合領域】微小エネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出
・4/27【さきがけ】社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働

http://senryaku.jst.go.jp/teian/top/setsumeikai.html

○JST 技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕【5/30正午〆】
昨年のロボティックスに続く第二弾です。事業化に向けた研究に対し、
実質6ヶ月で約300万円の補助金がつきます。ロボティックスでは300万円の申請に対し、
1.7倍の助成が付き、現在順調に進行しています。
http://www.jst.go.jp/start/iot/jigyo/index.html

●NEDO 平成28年度 エネルギー・環境新技術先導プログラム【RFIは4/15〆】
大学単独申請可 2,000万円/1年間、公募 6月頃予定
RFI(Request For Information)は4/15〆
http://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100102.html

●AMED 平成28年度 医療分野研究成果展開事業【4/6正午〆】
先端計測分析技術・機器開発プログラム
2,600~6,500万円/1年間
http://www.amed.go.jp/koubo/020120160204.html

●NICT 平成28年度新規委託研究【3/31正午〆】
3,000万~5億円/3~5年間
http://www.nict.go.jp/press/2016/02/03-1.html

【ご相談はこちら】
リサーチコンシェルジュ(学内専用)
http://www.ura.uec.ac.jp/concierge.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【4】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   今┃月┃の┃U┃☆┃R┃A┃ト┃ー┃ク┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
http://www.ura.uec.ac.jp/member.html

●URAプロフィール個人別紹介
○関口 通江/URA(特任助教)
「働きママURA」知的財産部門 兼務
学部、大学院時代には農学を専攻し、遺伝子配列の情報を手掛かりに微生物生態学を研究していました。
土壌細菌フロラからその土地特有の細菌の生態とその能力を解明していくのですが、
土壌細菌の多様性と、その多様性がもたらす環境への適応能力の高さに驚きと感動を覚えました。
その後、糖尿病を根本的に治癒するための遺伝子治療研究にかかわりました。
電通大では、知的財産にかかる業務を経て、大学の研究力を強化すべく研究企画室で奮闘しています。
3年前に娘を出産し職場復帰を試みた時には、あわや保育園難民となるところでしたが、
電通大に設置された保育園「どんぐり」に救われました。
幼い子供を連れて外に出てみると、世間の「冷たさ」と「やさしさ」の両極を実感します。
日々、子供に対する「やさしさ」に満ちあふれた社会の実現を切望しています。
現在、頑固で融通の利かない性格の娘と毎日格闘中。
娘とのやり取りは苦しいこともありますが、彼女と人生をシェアするようになってから、
楽しいことやうれしいことが倍増しました。
電通大でも様々な方の想いや夢をシェアして、苦しいことや悲しいことは分かち合い、
楽しいことやうれしいことを倍増してきたいと思います。

○亀上 知世子/URA(特任助教)
「商社ウーマンURA」産学連携支援部門 兼務
博士(農学)。学位論文では、大腸癌を予防する食餌成分に関する研究を行っていましたが、
紆余曲折あって、全く未知だった商社マンの世界に飛び込みました。
商社時代には社史120年初の研究開発チームを立ち上げ、
産学連携によって、家畜の疾病を予防する飼料用サプリメントの事業に携わりました。
そして南は石垣島から北は北海道まで、さらにはデンマーク、香港、ベトナムなど(なぜか有名な観光地が多い)、
世界各国の家畜農場で免疫や栄養、繁殖等のデータを収集。
自分で作った商品サンプルとチラシ、持ち前のトークを武器に自ら売り歩いて社長賞をゲットしたという、
URAには(たぶん)珍しい現場たたき上げの営業畑出身です。
大学に来た今でも、時間があるとふらりと海外に出かけ、
フルチャージで(増体して)皆にお土産のお菓子を配っています。
普段は努力して覚えた標準語を駆使していますが生まれは関西。
時おり真面目な顔でボケるので、慣れない方はギョッとされることもありますが、
商人&関西おばちゃんパワーで、大学に新たな息吹を吹き込むことが当面の目標です。
また、東7号館勤務者から成る大学非公認バンド「ビバ!パクチー」の
ボーカル&ウクレレ&パワポ(?)を担当していまして、URAとしての生活を楽しみながら日々駆け回っています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【5】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   編┃集┃後┃記┃
   ━┛━┛━┛━┛
今年、東京では平年より5日も早く桜の開花宣言がでました。
電通大の中で桜の木がどこにあるか、皆様ご存知でしょうか。
本館前、本館横メインストリート沿い、大学会館前、コミュニケーションパーク(枝垂桜)、
南門、西8・9号館と西1・3号館の間、西2号館前、体育館前、講堂裏。
当方調べではこの辺りになりますが、他にも皆様のおすすめスポットがありましたら教えてください。
東7号館の4階テラスから、野川の方面に見える桜もとても素敵です。
電通大周辺でURAがお弁当を抱えてお花見をしている姿を見かけたら、お気軽にお声掛けくださいね。
さて、次号のトピックスでは「いよいよ動き出す、電通大未来シナリオ(仮)」について、
ご紹介する予定です。【choko】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
<発行>
 国立大学法人電気通信大学研究企画室
 編集長:URA(特任教授)平尾 敏
 〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
 お問い合わせフォーム
 https://www.uec.ac.jp/inquiry/new/18
 リサーチコンシェルジュ(学内専用)
 http://www.ura.uec.ac.jp/concierge.html
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/