国立大学法人電気通信大学

研究企画室URA

サイト内の現在位置

ニュース

2017年7月12日NEWSNEW 【報告】『第10回UECコミュニケーションサロン』を開催しました【8月8日】

2017年8月8日(火)にプレゼンターにSandhu教授を迎え、第10回UECコミュニケーションサロンを開催しました。
Sandhu教授からは『異分野融合研究国際会議The Irago Conference の紹介』と題して、2017年11月1日~2日に本学講堂で開催される”The Irago Conference"の紹介と、英語論文の書き方と国際出版の必要性について、ご説明いただきました。
開催内容の詳細は、COMPASSホームページをご覧ください。


2017年7月12日NEWS 【報告】『第9回UECコミュニケーションサロン』を開催しました【7月11日】

2017年7月11日(火)にプレゼンターに金子 修 教授を迎え、第9回UECコミュニケーションサロンを開催しました。
金子 教授からは『データが拓く新しい制御の世界―データ駆動制御・予測・推定』と題して、⾦⼦ 教授が提案したFictitious Reference Iterative Tuning (FRIT) という⼀組の実験データで所望の制御器を⽣成する⼿法などについて、分かりやすくご説明いただきました。
交流会には学生も参加し率直な意見交換が行われました。
開催内容の詳細は、COMPASSホームページをご覧ください。


2017年7月12日NEWS 【報告】CoPURA第2回ミーティングを開催しました【6月16日】

2017年6月16日(金)に本学URAが中心に運営を行っているURA共創プラットホーム(CoPURA)の第2回ミーティングが開催されました。 参加者は66名でした。
開催内容の詳細は、CoPURAホームページをご覧ください。


2017年5月25日NEWSNEW 【報告】CoPURA分科会企画「SPIAS [SciREX インテリジェント支援システム]に係るセミナー」を開催しました【5月11日】

2017年5月11日(木)に文部科学省が推進する“科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」”事業において、開発中のプロジェクトの一つである、 インテリジェント支援システムSPIAS(スパイアス:SciREX Policymaking Intelligent Assistance System)のセミナーを開催しました。
開催内容の詳細は、CoPURAホームページをご覧ください。


2017年5月12日NEWS 【報告】CoPURAキックオフ会合を開催しました【4月21日】

2017年4月21日(金)に本学URAが中心に運営を行っているURA共創プラットホーム(CoPURA)のキックオフ会合が開催されました。
参加者は43名、交流会参加者は31名でした。
開催内容の詳細は、CoPURAホームページをご覧ください。


2017年5月12日NEWS 【報告】『第8回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2017年1月19日(木)にプレゼンターに曽我部 東⾺ 准教授を迎え、第8回UECコミュニケーションサロンを開催しました。
参加者は27名、交流会参加者は23名でした。
開催内容の詳細は、COMPASSホームページをご覧ください。


2017年1月24日NEWS【報告】『第4回 電気通信大学 Unique & Exciting Research Symposium』の動画を公開しました

2016年12月2日(金)に開催した『第4回 電気通信大学 Unique & Exciting Research Symposium ~研究力強化に向けた組織的な連携の在り方~』の動画が公開されました。


2016年12月7日NEWS 【報告】第4回『Unique & Exciting Research Symposium』を開催しました

2016年12月2日(金)に『第4回 電気通信大学 Unique & Exciting Research Symposium ~研究力強化に向けた組織的な連携の在り方~』を開催いたしました。
本シンポジウムは、文部科学省研究大学強化促進事業の一環として毎年開催しています。
今年は、全国の大学、研究機関、民間企業などから約180名の方にご参加いただきました。
研究企画室は、引き続き学内外のネットワークの構築と活用を通じて、組織的な連携と協働の体制を構築することにより本学の研究力強化に向けて取り組んでいきます。


2016年12月7日NEWS 【報告】講演会『NEDOにおける技術戦略策定』を開催しました【11月17日】

2016年11月17日(木)に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)総務担当理事の福田 敦史氏を迎え講演会『NEDOにおける技術戦略策定』を開催しました。
参加者は22名で、若手教員を中心にご参加いただきました。
福田理事からは、「NEDOにおける技術戦略及び提案公募型事業の御紹介」と題してご講演頂きました。
終了後の会場では、福田理事をはじめご来場頂いたNEDO実務担当者と情報交換をする参加者の姿が多くみられました。


2016年12月7日NEWS 【報告】『NEDOテーマ公募型事業説明会』を開催しました

2016年9月29日(木)に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)イノベーション推進部の統括主幹 江口氏および主査 佐久間氏、省エネルギー部の主査 二上氏を迎え『NEDOテーマ公募型事業説明会』を開催しました。
参加者は15名で、イノベーション助成事業および革新的ものづくり産業創出連携促進事業、ならびに戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業についてご説明いただきました。
説明会終了後のテーマ公募型事業に関する個別相談会では、具体的案件について熱心に質問をする参加者の姿がみられました。


2016年7月26日NEWS【報告】『第7回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2016年7月21日(木)にプレゼンターに山北 佳宏 准教授を迎え、第7回UECコミュニケーションサロンを開催しました。
参加者は27名、交流会参加者は21名でした。
山北 准教授からは『超高感度電子分光装置で見えないものを見る』と題して、電子構造に関する研究についてご説明いただきました。
自ら開発された磁気ボトル効果を用いた超高感度分光器では、従来法の1,000倍の感度を達成しており、本研究に対する熱意を身近で感じることができました。


2016年6月6日NEWS【報告】内閣府 中川審議官 講演会『第5期科学技術基本計画の概要』を開催しました【5月26日】

本学の研究力強化に資する取組みの一環として、第5期科学技術基本計画の立案において主導的な役割を果たされた内閣府 中川健朗 審議官の講演会および意見交換会を開催しました。
参加者は77名で、学長、理事、および多くの本学教職員の方々にご参加いただきました。
講演会では、第5期科学技術基本計画の内容や狙いなどに関してご説明いただき、研究力強化や新たな産学連携、女性研究者の支援、URAのあり方など、大変革時代を先取りする取り組みに関して、双方向の意見交換を行いました。


2016年6月6日NEWS【報告】『第6回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2016年5月19日(木)にプレゼンターに庄野 逸 教授を迎え、第6回UECコミュニケーションサロンを開催しました。
参加者は54名、交流会参加者は21名でした。
庄野 教授からは『ディープラーニング×画像処理×高次元データ駆動科学』と題して、AI研究の変遷や、現在ご自身が取り組んでいる研究内容をご説明いただきました。
会場からは、同分野の若手研究者から専門的な質問や、異分野の参加者からはAIの将来展望などについて実直な質問がありました。
交流会には学生も多く参加し率直な意見交換が行われました。


2016年5月30日NEWSJST『プログラム・マネージャー育成・活躍推進プログラム』研修生 募集開始【6月10日〆】

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が『プログラム・マネージャー(PM)の育成・活躍推進プログラム』の平成28年度研修生を募集開始しました。

募集期間 2016年5月11日(水)~6月10日(金)14時
採択予定人数 20名程度


2016年4月25日NEWS『科学研究費助成事業審査システム改革2018』についての意見募集が開始【5月21日〆】

科学技術・学術審議会では、科学研究費助成事業の審査において活用されてきた「分科細目表」と関連する制度について、応募動向の変化等を踏まえ大幅な見直しを検討すべき旨を提言し、日本学術振興会に検討を要請しました。
日本学術振興会において議論を進めた結果、審査区分と審査方式とを一体的に見直し、平成30年度から新たな審査システムに移行することを目指した改革案が取りまとめられ、これに関する意見募集(パブリックコメント)が始まりました。

寄せられたパブリックコメントは、今後の審査システムの改革の内容の検討・取りまとめの参考となります。
研究者の皆さんの意見を反映させるチャンスです。是非ご応募ください。

募集期間 2016年年4月22日(金)~5月21日(土)必着

    パブリックコメントの提出方法:下記ウェブサイトの『意見提出フォーム』より提出
  • 意見提出フォーム

2016年4月25日NEWS【報告】『CREST/さきがけセミナー(制度説明会)』を開催しました

2016年3月9日(水)に国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部 企画・管理課長の酒井 重樹氏を迎え『CREST/さきがけセミナー(制度説明会)』を開催しました。
参加者は30名で、うち15名の教員の方にご参加いただきました。
酒井課長からは、CREST、さきがけを中心にJSTの戦略的創造研究推進事業についてご説明いただきました。
質疑応答では、会場から多くの質問があがり、酒井課長の回答を熱心に聞く参加者の姿がありました。
終了後の会場からは若手教員を中心に「さきがけに挑戦してみたい」といった声が挙がっていました。


2016年2月25日NEWS【報告】『第3回 電気通信大学 Unique & Exciting Research Symposium』の動画を公開しました

2015年12月3日(木)に開催した『第3回 電気通信大学 Unique & Exciting Research Symposium ~ネットワークを活かすURA機能の強化~』の動画が公開されました。
本シンポジウムは、各機関で考えているネットワークの在り方について意見交換を行い、ネットワークの質を向上する場として開催されました。


2015年12月10日NEWS 【報告】第3回『Unique & Exciting Research Symposium』を開催しました

2015年12月3日(木)に『第3回 電気通信大学 Unique & Exciting Research Symposium ~ネットワークを活かすURA機能の強化~』を開催いたしました。
本シンポジウムは、文部科学省研究大学強化促進事業の一環として毎年開催しています。
今年は、全国の大学、研究機関、民間企業などから約200名の方にご参加いただきました。
研究企画室は、引き続き学内外のネットワークの構築と活用を通じて、多様な連携と協働により大学の研究力強化に向けて取り組んでいきます。


2015年12月10日NEWS 【報告】『第5回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2015年11月10日(火)にプレゼンターに庄司 暁 准教授(先進理工学専攻)と大河原 一憲 准教授(共通教育部、総合情報学専攻)の両名を迎え、第5回UECコミュニケーションサロンを開催しました。
参加者は35名、交流会参加者は21名でした。
庄司 准教授からは「光でナノ立体構造をつくり、新たな機能を付与する~光が担う未来のモノづくりの可能性を探求~」と題して、大学院時代から続けている研究や現在取り組んでいる研究についてご説明いただきました。
会場からは、レーザーで作られた肉眼では見ることができない大きさの牛の彫刻の実物を見たい、という声が挙がり、会場が盛り上がりました。
大河原 准教授からは「ヒトのエネルギーバランス調整メカニズムと健康な生活習慣の長期継続に関する探究」と題して、ご自身の研究についてご説明いただきました。
会場からは、ダイエットのモチベーションをいかに保つか、ダイエット後の体重をどのように維持していくか、について熱心な質問がありました。
交流会では両プレゼンターを囲み率直な意見交換が行われました。


2015年11月2日NEWS 『第5期科学技術基本計画』答申素案についての意見募集が開始【11月16日正午〆】

『第5期科学技術基本計画』答申素案についての意見募集(パブリックコメント)が始まりました。 政府は、科学技術基本法に基づき、科学技術の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、科学技術の振興に関する基本的な計画(科学技術基本計画)を策定しています。
総合科学技術・イノベーション会議では、第5期科学技術基本計画の策定に向けて検討を進めており、平成27年12月に答申を予定しています。
これに先立ち、答申案の取りまとめの参考とするため、パブリックコメントを募集しています。
研究者、大学に関する施策に皆さんの意見を反映させるチャンスです。是非ご応募ください。

募集期間 平成27年11月2日(月)~11月16日(月)12時


2015年9月28日 【報告】『第4回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2015年9月16日(水)にプレゼンターに佐藤 証 教授(情報・通信工学専攻)を迎え、第4回UECコミュニケーションサロン『センサネットワークによるスマート農業』を開催しました。
参加者は40名、交流会参加者は22名でした。
佐藤 教授には、『スマート農業』をテーマに、IoT(Internet of Things)の事例や動向、スマート農業による植物工場や新しい都市型農業、地域との連携について分かりやすくご説明いただきました。プレゼンテーション終了後は、屋上テラスに設置されたトマトの水耕栽培施設を見学させていただきました。
見学会では熱心に施設内を見学する姿や、佐藤 教授に質問をする姿が見られました。
交流会では見学会で打ち解けた参加者の交流が行われました。


2015年7月24日 【報告】『第3回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2015年7月23日(木)にプレゼンターに山本 佳世子 准教授(社会知能情報学専攻)を迎え、第3回UECコミュニケーションサロン『日本の科学技術と大学はどう変わるか~総合科学技術・イノベーション会議の議論から~』を開催しました。
参加者は48名、交流会参加者は22名でした。
山本 准教授には、『科学技術基本計画』をテーマに、現在策定中の『第5期科学技術基本計画』のポイントを分かりやすくご説明いただきました。
科学技術基本計画は今後5年間の科学技術に関する基本的政策となります。『パブリックコメント』(今年11月頃開始予定)への応募は、日本の科学技術政策に皆さんの意見を反映させるチャンスです。是非ご応募ください。
<ご参考>
第4期『パブリックコメント』募集期間
平成22年10月18日~11月8日24時


2015年7月7日 VideoUEC『第1回研究大学強化促進事業セミナー』動画を公開しました

2015年7月1日(水)に開催した『第1回研究大学強化促進事業セミナー~本学の研究力強化に必要な支援とは~』の動画が『VideoUEC学内限定版』に公開されました。
本セミナーは、平成25年度採択『研究大学強化促進事業』に対する全学的な意識共有を図り、連携と協働体制を強化するため、開催されました。
本事業を成功させ、研究大学としての地位を確立するためにも、多くの教職員の方々に、ご覧いただければと思います。
本学の研究力強化に向けた支援のあり方について一緒に考えていきましょう。


2015年7月2日【報告】『第1回研究大学強化促進事業セミナー』を開催しました

2015年7月1日(水)に『第1回研究大学強化促進事業セミナー~本学の研究力強化に必要な支援とは~』を開催しました。
参加者は69名、情報交換会参加者は27名でした。
本セミナーでは、『研究推進のための新事業』、『URAの活動状況』を紹介した後、『事例紹介~リサーチコンシェルジュを活用するために~』と題して、石橋 孝一郎 教授(先進理工学専攻)、古川 怜 特任助教(先端領域教育研究センター)より、URAの競争的資金に関する支援の体験談をご紹介いただきました。 交流会では、様々な分野の教職員の方々と意見交換を行うことができました。
今後も、教職員の皆さまと一緒に、研究力強化に向けた支援のあり方を考えていきたいと思います。


2015年6月18日【報告】『第2回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2015年6月18日(木)にプレゼンターに栗原 聡 教授(社会知能情報学専攻)を迎え、第2回UECコミュニケーションサロン『つながりが創発する”知”』を開催しました。
参加者は50名、交流会参加者は29名でした。
栗原 教授には、『人工知能』をテーマに、自分の知り合いをたどっていくと世界中の人々と間接的に繋がるスモールワールドのお話、ネットワークで知が創発される仕組み、ディープラーニング、国内外で人工知能センターの設立が相次いでいる背景など、分かりやすくご説明いただきました。
会場内からは『人工知能が人類を滅ぼすのではないか』といった質問も飛び出し、活発な議論が行われました。交流会では学生も多く参加し、有意義な交流が行われました。


2015年6月1日【報告】『第1回UECコミュニケーションサロン』を開催しました

2015年5月14日(木)にプレゼンターに梶谷 誠 前学長(学長顧問)を迎え、第1回UECコミュニケーションサロン『総合コミュニケーション科学とUEC』を開催しました。
参加者は51名、交流会参加者は36名でした。
梶谷 前学長には、『総合コミュニケーション科学』をテーマに、なぜコミュニケーションに着目したのか、「人、自然、社会、人工物、それぞれの間の相互作用はコミュニケーションによって成り立つ」という総合コミュニケーション科学の発想、これからの科学技術とイノベーションなどについて、ご説明いただきました。
会場からは質問やコメントを沢山頂き、有意義な議論が行われました。立食形式での交流会では、様々な分野の方々の交流が行われました。