国立大学法人電気通信大学

サイト内の現在位置

リサーチコンシェルジュ

研究支援ワンストップ相談窓口(リサーチコンシェルジュ)について

電気通信大学の更なる研究力強化を図るため、研究戦略統括室の活動の一環として、学内からの研究支援に関する様々な相談に応じるためのワンストップ窓口(愛称:リサーチコンシェルジュ)を開設いたしました。ご連絡いただいた方には、選出された本室メンバーによるヒアリングの上、対応を検討させていただきます。

なお、リサーチコンシェルジュは学内専用とさせていただいております。

リサーチコンシェルジュ利用のガイドライン

【はじめに】

研究戦略統括室は、本学の研究力強化に必要な調査、企画、立案、及び研究支援等を行うことを目的として創設されました。
リサーチアドミニストレーター(URA)は本室に所属し、IR室、国際戦略室、ダイバーシティ戦略室、産学官連携センターの各部門及び他の学内組織と連携・協働して、研究調査、分析、企画、研究者への支援等の研究マネジメントや本学の研究力強化に資する種々の業務を行っています。
本室が主管する教員用相談窓口(愛称「リサーチコンシェルジュ」)は、研究プロジェクト企画等に支援が必要な本学教員に対し、本室が適切な支援を行うことを通じて、本学の研究力強化に資することを目的として設置されました。

【利用対象者】

本学に所属する全教員

【対象範囲】

研究に関することでお困りの際は、まずはリサーチコンシェルジュにご相談ください。

【制度の仕組み】

リサーチコンシェルジュへのお問い合わせには、本室が主管となって対応いたします。
お問い合わせいただいた方には、数日内に返信を差し上げます。原則として、お問い合わせいただいた全ての方とご面談させていただき、相談内容を伺います。その後、本室にて適切な担当者(複数名)を協議し、具体的な支援を行います。ご相談内容により、本室以外の適切な部署を紹介する場合もあります。

【お問い合わせ方法】

リサーチコンシェルジュへは、以下の方法でお問い合わせください。

  • ①教員専用情報[学内専用]トップページ、または本室ウェブサイトの「Research Concierge」バナーから
  • ②URAへ直接ご相談(リピーター向け)
  • ③その他

なお、リサーチコンシェルジュのご利用についてご不明な点などがある方は、下記までご連絡ください。

【支援の内容例】

本室がリサーチコンシェルジュでご提供できる研究支援の例は以下のようなものです。

  • 外部資金などへの申請書作成支援
     <支援例>審査の観点(戦略目標)との整合性チェック
          様式に求められている内容が記載されているか
          (字数制限、適切な項目か、具体的か、専門的すぎないか)
          文章の論旨に矛盾はないか、誤字脱字のチェック など
  • 外部資金などの情報提供
    <支援例>公募説明会等の情報提供
         研究企画室員が他機関とのネットワークを活用して得た情報の提供 など
  • その他
    <支援例>大型研究プロジェクトの運営支援
         研究センター等の年報作成の支援
         概算要求の資料作成 など
  • リサーチコンシェルジュお問い合わせの流れ

    【URAによる研究者支援の進め方】

    本室の業務はURAが中心となって行っています。リサーチコンシェルジュの業務をURAが担当するにあたり、原則として下記の枠組みで対応いたします。

    • ①URAの業務内容は多岐にわたるため、原則チーム単位で業務を行います。
    • ②チームとそのメンバー構成は、URA企画会議で選定します。ただし、メンバー構成は適宜見直します。本室長は、各チームの代表者を務める主担当者を指名し、主担当者は代表者としてそのチームの業務の取りまとめの責任を負います。
    • ③上記チームには、必要に応じて、URA企画会議による審議を経て、産学官連携コーディネーター、知的財産マネージャー、事務職員など関連部署の職員を加えることがあります。

    以上